給湯器の比較で良い製品と出会う|条件ピッタリ器

コンテンツ

給湯器を比較

給湯器には、いくつかのタイプがあり、生活スタイルや予算、家族の人数などによって選ぶことが推奨されています。給湯専用やオートタイプ、フルオートタイプにはそれぞれ価格面や機能面においてメリットがあるので比較が重要でしょう。

詳しくはコチラ

工事や保証などで比較

給湯器の比較は給湯器単体やリモコンだけで比べても無意味です。工事費用や工期、それに保証期間や消費税まで全て込みで考えなければなりません。比較サイトなどを活用するのが手軽で便利ですが電話での無料相談から始めましょう。

詳しくはコチラ

平均価格を知ろう

家庭給湯器は戦後から

かつては日本では給湯器はめったに自宅についていないものでした。江戸時代から大正、昭和の30年代の半ばまでは、給湯器というものは自宅についておらず、自宅にお風呂がついている家庭自体少なかったといわれています。 江戸時代は銭湯でお見合いをするなど、銭湯が身近な時代といわれていましたが、戦後には自宅で家庭に1台給湯器があることが普通となってきました。 しかし、次第に高度経済成長期を経て導入する家庭が徐々に増え、昭和50年代には全ての家庭に1台ずつつけられたといわれています。 導入されていたばかりの時代と比較すると、昔よりも現在のほうがずっと使用しやすいものとなっており、自宅で風呂に入ることでお湯などに関して自由に出来るようになったのです。

お店によって料金は変わる

給湯器は販売している店舗によって割引率が異なりますので、比較サイトを利用して活用することで、購入しやすい価格のところを見つけられます。 比較材料としては見積もりを用意しておくことが重要といえるのです。というのも、給湯器を販売しているサイトやお店などでは比較してみるとわかるのですが、一部では本体価格のみを提供している場合も少なくありません。そのため、利用する際には比較サイトを使って料金確認してください。 なお、料金としては給湯器の号数にもよりますが、平均的には20万円前後が親子3人から4人暮らしで使っている給湯器の料金に工事費が込みで入ったものといえます。地域やお店によって10万円近く差がありますので、確認してから購入してください。

給湯器と家族

NEWS

給湯器は性能を見よう

最新の給湯器になれば本体の価格は高くなりますが、年間のガス代は安くなるものです。設置できる給湯器かどうか確認をしておくとよいです。現在はエコをテーマにしているところが多いので、ガス代などを比較して選ぶとよいです。

詳しくはコチラ